スクラム推進委員会 事業計画

総務委員会 委員長 笠原 空也 (栃⽊県連 栃⽊YEG)

活動内容
  • スクラム推進委員会の統括を行い、全委員会の連携取りまとめを行う
  • 総会、会長会議、役員会、委員会の設営
  • 会員手帳、出向グッズの製作
  • 各委員会からの年度報告をとりまとめ、活動報告を作成する
  • 関東ブロック全体の電子カレンダーを作成する
ミッション
  • WEB会議を導入し、検証する
  • 統括委員会としてスクラム推進委員会の一体感を演出する
  • 関東スクラムYEGの役割、活動内容等をとりまとめ役員会承認を経て明文化する

広報委員会 委員長 東 正充 (神奈川県連 相模原YEG)

活動内容
  • 関東ブロック8000名を超えるYEGメンバーへ直接届く広報活動を展開する
  • スクラム推進委員会の取り組みを日本全国に拡散する
  • 関東ブロック大会の参加者数が増加につながる広報活動を実施する
  • 各種事業を取材し、オフィシャルHP、SNSの更新、運用をする
  • HP、SNSの運用ルールを設けて、様々な公開ができる仕組みをつくる
ミッション
  • SNS及び関東ブロック大会アプリユーザー登録数5000名をめざす
  • 各委員会の取り組みを取材し「月間スクラム(仮称)」を発行する
  • 関東ブロック大会への参加者数増加につながる魅力的な広報活動を実施する

研修委員会 委員長 井上 佳則 (埼⽟県連 さいたまYEG)

活動内容
  • 委員会開催時に出向者が年間通して成長できるような研修を企画運営する
  • 令和4年1月22日に、ビジネスの役に立つ研修事業を開催し、スクラム推進委員会の活動意義を広める
  • 関東ブロックYEGの全会員を対象に、ユニークまたは参考となる事業展開や事業所を掘り起こし、総務広報委員会と連携し公開する
ミッション
  • 委員会に併設して研修を実施し、出向者のスキルアップにつなげる
  • 関東ブロックのスケールをいかし、300名以上が参加する研修事業を開催する
  • 関東ブロックYEGメンバー間でのビジネス連携につながる企画を実施する

ネットワーク委員会 委員長 吉野 学 (群⾺県連 伊勢崎YEG)

活動内容
  • 新設単会、連合会未加入単会等へのアプローチや交流活動を通し、各種事業の参加や関東ブロックYEGへの加盟を促す
  • ブロック大会に関する日本YEG及び各県連との連絡窓口を担当する
  • ブロック大会への参加者拡大に向けた取り組みをおこなう
  • ブロック大会の分科会開催を受け持つ
  • 関東ブロックYEG継承会議(仮称)を開催する(栃木県連を予定)
  • 日本YEG事業との共催や連携の窓口を担う
ミッション
  • 連合会未加入のYEGへ、スクラム推進委員会の事業やブロック大会への参加者数増加をはかる
  • 新規連合会加入単会をつくる
  • スクラム推進委員会全体がブロック大会に多く関与できることをめざす
  • 関東ブロックYEGの取り組みを主管予定県連(栃木県連を予定)へ継承し、継続化をめざす

政策提言委員会 委員長 山森 啓太 (埼⽟県連 所沢YEG)

活動内容
  • 提出先を限定せずに提言をとりまとめ提出する。(法令改正にこだわらず、組織への提案含む)
  • 提言活動の事例をまとめ、単会が参考となる情報の提供を行う
  • 提言活動を実施したい単会をサポートする
  • 提言活動に関連する日本YEGの事業へ参加する、または連携をはかる
ミッション
  • 日商親会、日本YEG、関係省庁、行政機関等、適切なセクションに提言をまとめ提出する
  • 政策提言に取り組む単会数を増やす
  • 政策提言事例データベースの作成
  • 県連、単会に提言活動を伝導できる人材をうむ
ページ上部へ戻る