流山YEG事業紹介

単会名流山YEG会員数36名
会長名滝川 靖史
スローガン屯 Let's Gather In YEG!
会長あいさつ 屯 Let’s gather in YEG!

「屯(たむろ)」という漢字を辞書で調べると、次の様に出てきます。
屯・・・・仲間が集まるところ
屯田・・・新しく切り開き守るために集うところ
駐屯・・・守りを固めるために集まっているところ

平成29年度のYEG活動を通じて流山商工会議所青年部を、
『流山の次代を切り開く青年経済人たちがたくさん集う魅力的なところ』
にしたいと考えます。そして、そのために4つの取り組みを行います。

(1)定例会の魅力の向上
YEGは青年経済人が集まり、それぞれの企業・店舗の発展や自身の資質を高めていくために研鑽を行う場です。そして、YEG活動の根幹となるものは定例会です。
定例会の開催目的と目標を明確に設定し、魅力ある定例会づくりに向けて一層の努力をします。
また、定例会の魅力がメンバーにしっかりと伝播して、目標達成のために団結して進んでいけるようにするための環境づくりに取り組みます。

(2)地域経済発展への取り組み
YEGメンバーだけでなく、地域の事業者の皆様が参加できる定例会やイベントを開催し、地域経済発展に貢献できる取り組みをします。
特に流山産業博では、親会会員を中心に地域商工業事業者にフォーカスが当たるような企画を充実させていきます。また、地域の子ども達に地元の企業や店舗に興味を持ってもらえるような仕掛けづくりに取り組みます。

(3)情報発信力の強化
魅力的な定例会や事業を企画しても、それを周囲に伝えることができなければ人が集まる組織へと昇華させていくことは出来ません。
情報発信力の強化に向けた仕組づくりに取り組み、地域へのプレゼンス向上を目指します。

(4)会員拡大活動の活性化
どんなに魅力的な活動を行っていても、それに参加する人数が少なくてはシナジー効果が生まれません。地域経済への貢献にも効果が薄くなってしまいます。
また、多くの卒業生が出ていくなかで会員数の減少を食い止めるためにも、全会をあげての会員拡大活動と、その活動の効用を最大限に高めていくための環境づくりに取り組みます。


上記の4つの取り組みを行うために、平成29年度は5つの委員会を組織します。

「地域ビジネス活性化委員会」では、
メンバー以外にも広く流山の地域でビジネスを行っている方に興味を持ってご参加していただける定例会を企画します。

「経営向上委員会」では、
メンバーが自社ですぐに実践したくなるような学びと気づきを提供できる定例会を企画します。

「会員増強委員会」では、
メンバーの親睦や地域との結びつきを強化できる定例会を企画します。また、入会候補者やメンバーのサポートのための相談窓口となり、組織をより強固なものにしていきます。

「資質向上委員会」では、
メンバー自身がより豊かな経営者としての人生を送るために必要な情報を手に入れることができる定例会を企画します。

「総務広報委員会」では、
青年部活動のサポート、そしてYEG活動を地域に向けてしっかりと情報発信していくための仕組み作りを行います。

この1年を通して、流山YEGにより多くの人が集まりたくなる雰囲気をみんなで作っていきましょう。
Let’s gather in YEG!
事業紹介
事業計画名日時場所概要
流山ビジネス交流フェスタ2017年7月18日流山市内流山市内事業者を中心としたビジネス交流会です。
昨年度は80社以上の参加がありました。
流山花火大会 屋台村2017年8月19日江戸川河川敷流山花火大会会場にて屋台村を設営します。
この屋台村への出店をするために親会に入会する店舗が多数あります。
流山産業博2018年3月18日流山市内流山産業博は流山市内の商工業者発展ならびに地域の活性化を目的として、流山商工会議所青年部が企画立案しています。
2017年3月に開催された第14回流山産業博には、27,000名のご来場がありました。

%e6%b5%81%e5%b1%b1yeg%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f %e6%b5%81%e5%b1%b1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

YEGモール
ご縁満開YEGビジネスサイト
日本商工会議所青年部連合会
ページ上部へ戻る