所信および事業方針

スクラム総務企画委員会委員長所信

埼玉県連熊谷商工会議所青年部 藤澤裕文
この度、平成30年度 関東ブロック商工会議所青年部連合会(以下関青連)のスクラム総務委員会委員長として出向させて頂きます、埼玉県商工会議所青年部連合会(以下埼青連)熊谷YEGの藤澤裕文と申します。
平成30年度、渡邉会長の掲げるスローガン「一歩」~可能性は無限大!勇気と情熱を持って踏み出そう~
このスローガンを拝見した時、まさに今の自分だと気付かされました。正直不安だらけの毎日でしたが、何か始めなければ!今やらなければ!今変えていかなければ!と自分に言い聞かせ、気持ちを奮い立たせ決断致しました。
今この時代、様々な形相がめまぐるしく変化していきます。人材の人手不足や少子高齢化問題など、今こうしているうちにもどんどん加速していきます。
青年経済人として、我々しか出来ない事、我々がやらなければならない事、我々に求められている事、いろいろ課題も山積みです。関青連のメンバー約8,000名が「一歩」を踏み出せば8,000歩になります。今こそYEGのスケールメリットを最大限活用し、渡邉会長を支えるべく、スクラム総務委員会として先導者たる気概で研鑽に努めて参ります。

事業方針

総務委員会としては、諸会議の設営、広報活動(HP・AT)や、日本YEGとの連携を積極的に行い、関青連約8,000名の会員が円滑な事業運営と情報交換が図れる環境を構築していきます。


スクラム事業委員会委員長所信

 

茨城県連土浦商工会議所青年部 坂本大輔

スクラム委員会は創始から数えて10年がたち、2018年度で11年目なります。関東各地より地域を愛する青年経済人たちが集まり、その先輩方が研鑽を繰り返した素晴らしい委員会がまた新たなる「一歩」を踏み出そうとしております。委員長が3人体制となり、その一つであるスクラム事業委員会の委員長を会長より任せられることとなりました。

関青連スローガンである『「一歩」~可能性は無限大!勇気と情熱をもって踏み出そう~』の想いを受け止め、委員会の担当である関東ブロック大会の分科会の設営・及びアカデミー事業の開催を事業委員会のメンバーと共に1年間進めていくこととなります。ともに過ごす時間の中で関東各地のメンバー同士の懇親を深めることによる、関東ブロック約8000名のスケールメリットを活かした情報・経験を自分の地域・企業・単会に持ち帰ることができます。

そのためには事業委員会のメンバー一人一人が積極的に会議に参加し、意見を述べ、より良い事業になるよう一丸となることが必要です。メンバー間の縁を深めつつ、大きな目標に向かって価値ある勇気をもった「一歩」、歴史あるスクラム委員会の新たなる体制に向けての力強い「一歩」となるような1年間にしたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。

事業方針

1、関東ブロック大会の分科会の設営
2、スクラム委員会アカデミー事業の開催


スクラム提言委員会委員長所信

神奈川県連平塚商工会議所青年部 山森啓太

平成30年度「一歩」~可能性は無限大!勇気と情熱を持って踏み出そう~のスローガンのもと、関東ブロック商工会議所青年部連合会の新たなスタートを迎えました。スクラム推進委員会は発足11年目を迎え、本年度は3委員会に分かれ、より具体的な活動を関東地区より集まっていただいた仲間とともに、地域・単会・自社の発展のために一年間進めて参ります

スクラム提言委員会として、まず関係諸団体並びに行政へ提言活動していくことが我々YEGの担いと考え、その活動を通じて各単会がその地域に則した提言を出せるよう、その第一歩の後押しが出来るよう、当委員会が中心になって、関東地区の単会に実施状況並びに意識調査を実施していきます。また若手国家並びに地方公務員の方々風会議を通じて議論を展開し、意見交換の場を設け、関東地区のYEGメンバーが地域の諸問題や行政の考えを皆で共有し、今まで関東ブロックで実施してきた地域経済の活性化に繋がる提言活動を本年度も継続して実施していきます。

創始の想いを受け継ぎ研鑽を繰り返しさらなる成長をし、関青連の素晴らしい仲間とともに関東地区のYEG活動の更なる発展を目指し、出向していただいた皆様と楽しく有意義な時間を共有できるよう進めて参ります。一年間、何卒宜しくお願いいたします。

事業方針

1、関東地区の各単会又は県連で提言に対しての実施状況並びに、意識調査を実施
2、関商連に提出した、提言についての現状把握
3、国家公務員又は地方公務員等と風会議を実施
ページ上部へ戻る