冨士YEG事業紹介

単会名富士YEG会員数122名
会長名茅原 伸一郎
スローガン積小為大 ~想いを繋ぎ、ズバ抜けて魅力的な富士市の創生に向けて~
会長あいさつ今年度富士市は市制51年目を迎えます。日本一の紙のまちと言われ、県内二番目の工業出荷高を誇り、産業都市として栄えてきましたが、半世紀が経ち、地域情勢は大きく変わってきました。基幹産業となる製紙産業の衰退、また少子高齢化に加えての人口減少の進行など、様々な諸問題を抱える中、未来への舵取りを明確にするための政策の一つとして、富士市はブランド戦略を推進し、「ブランドメッセージ」を発表しました。今まさにターニングポイントに差し掛かっている富士市を、我々富士YEGとしてできる最大の支援をしていかなければと考えます。ズバ抜けて魅力的な富士市の創生へ向け、そして「いただきへのはじまり」となる新しいチャレンジの一歩を踏み始める時なのではないでしょうか。
では「魅力的なまち」とはどんなまちでしょう。
魅力的なまちには笑顔がこぼれています。
魅力的なまちは明るく、元気、活気があります。
このまちを好き!このまちの企業が好き!このまちで仕事がしたい! このまちで子供を育てたい!というように、本当に地域を愛する人々が住むところにこそ、人も、企業も高い関心を持ち、強い魅力を感じます。「魅力的なまち」とは「人の心を惹きつける力のあるまち」といえるのではないでしょうか。
そんな「魅力的なまちづくり」に一番の根底となり、我々青年経済人として一番やるべきことは、自社を継続、発展、成長させることです。先代から代々受け継いできた企業、また自ら創業してコツコツと積み上げてきた企業、何事も私たちは小さなことを積み上げて今を形成しています。まちを活性化させたいと想いのある我々の企業が衰退するようでは本末転倒です。収益をあげ、納税と、雇用の創出をする。これが地域貢献の根底であり、地域の経済的発展の源です。経済的手法から地域を活性化させるという当たり前のことを当たり前に心血注いでやる!!それが富士YEGに属する私たちの一番の使命です。魅力ある富士市として次世代へ繋いでいくためにもう一度足元を見直す時と思われます。
そしてもう一つ「魅力的なまちづくり」に大事なのが「強み(魅力)を活かした付加価値の創造」です。我々はこれを全力でやります。ここまで我々は富士市を築き上げてきた資源に価値を見出し、掘り起こしを少しずつ行ってきました。工場夜景、ご当地かるた、紙ほたるなど、事業を通して富士市の魅力を活かし、形にしてきました。これからも富士市の歴史や先人の偉業を忘れないために、文化の伝承、また付加価値の創造を行っていくために富士YEGらしい事業を打ち出していきます。
また、我々は新たな挑戦も行っていき、次代へ繋がる新しい富士市の魅力を生み出していきます。停滞は衰退、「行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務」です。その責務を果たし、我々の熱意ある活動により地域を愛する人々が育っていくことが、富士YEGとしての喜び、やりがい、そして誇りになっていくと考えます。
特に富士YEG創立25年という節目の年となる今年度は、ここまで富士YEGを築き上げてきた諸先輩方へ敬意と感謝を示すとともに、更に魅力的な富士YEGの姿を見せられるように活動をしていきます。
最後に、我々は一人一人が企業を持ち、それぞれの企業を先導していく役割のある中で、富士商工会議所の一翼を担う富士YEGという団体に所属し、地域の発展、活性化を図るために活動をしています。真剣に取り組んでいるからこそ、共に働く仲間へ、そして愛する家族へ大きな負担をかけているのも事実です。しかしその活動は必ず仲間や家族を守るために繋がっていきます。将来この地域で育ち、働き、未来輝く人生を歩むことができる「ズバ抜けて魅力的な富士市」の創生に向けて、我々はコツコツと活動し、一歩一歩進んでいきましょう。そしてこのような環境や時間を作ってくださっている家族や働く仲間に感謝の気持ちを常に忘れず持ち続け、今年度も元気に誇りをもってYEG活動をしていきましょう。
事業紹介
事業計画名日時場所概要
富士山登山 ルート3776事業海抜0m~富士山頂3776m

冨士YEG事業紹介-1

冨士YEG事業紹介-2

YEGモール
ご縁満開YEGビジネスサイト
日本商工会議所青年部連合会
ページ上部へ戻る